煉瓦館 注意事項ページ

 煉瓦館注意事項

※はじめに※
煉瓦館は、近隣の方の憩いの場として開放され、また建築物としての見学者が来場されます。

来場の方の通行、見学の迷惑とならないよう配慮をお願いします。
ご理解のほどよろしくお願いします。

●来場時に受付にて参加費をお支払下さい。参加証、 カメラ・一般参加の方には撮影許可証をお渡しします。
●コスプレをしない、撮影をしない方でも、参加者さんと行動を共にされる方は参加費をいただきます。
●参加されるに辺り、下記注意事項を守って下さい。
●記載に無い物でもスタッフの指示には従って下さい。


【お申込み代表者さんへ】
お申込み頂いた人数の参加予定者さんに、こちらのイベント詳細・注意事項を必ず目を通すようお伝えください。
詳細を把握し、注意事項・マナーを守ってご参加下さい。
場合によっては、スタッフから指導を行う事がありますのでご了承下さい。

【受付・更衣室・休憩場所での注意】
●更衣室内での撮影(スマホカメラを含む)を禁止します。
●ウィッグカットはすべての場所で禁止です。
●ヘアスプレー等のスプレー類の使用を禁止します。
 虫よけスプレー、制汗スプレーの使用は可能です。人の少ない場所で使用して下さい。
●撮影時の汚れ(泥・砂・落ち葉・水)を施設内に持ち込まないよう注意して下さい。
 更衣室・休憩室を退席する時には必ず確認し、汚している場合は清掃して下さい。清掃道具が必要な場合はスタッフへお伝え下さい。
●イベント終了後、更衣室に「針・まち針」が見つかっています。当日「針」を使う場合は落とさないよう注意して下さい。また自宅でも衣装に針を付けたままにしないよう注意して下さい。重大事故に繋がる恐れがあります。

『コスプレでのご注意』
<露出について>
露出の高い衣装は禁止です。お腹、背中が出る程度の衣装は可能ですが、下乳横乳が出る(強調している)衣装、立ち姿で下着が露出す衣装、スカートのスリット部が大きく開き、又部が見える衣装等は禁止です
※ヌード撮影、下着撮影、性的表現の撮影は即時退場となります。
露出の多い衣装は、撮影時以外、上から1枚羽織って下さい。

●女性の男装で、大きく露出がある場合、ボディファンデーションなどで露出対策をしてください。

<男性の女装について>
●規制はありません。

<ヘタリア 深夜隊 等 軍服について>
可能です。実際の国旗、部隊章は半分程度隠して下さい。

<血糊について>
血糊は、少量であれば可能です。衣装や顔を血まみれの状態は禁止です。
接触等で、施設や他者を汚さない材質の物をよく乾かして下さい。

<禁止する衣装>
実際の、警察官・自衛隊・消防士・救急救命士 等。実際に存在する、公に責任のある職業は禁止します。

[武器・道具のご注意]
<銃器・刀剣類>
煉瓦館・中家野外:撮影時以外は、布で包む、袋に入れる等の対策をし、一般の方から見えないようにして下さい。
中家室内:模造刀は抜刀・帯刀禁止。撮影時以外は、布で包む、袋に入れる等の対策をして下さい。

    
銃は発砲可能な状態での使用は禁止。
刃物の形状の物は、実際、切れる物は禁止。
※材質の規制は、現在はしていません。

※リアルな銃剣を使用する場合は撮影しているとわかるよう行動して下さい。
 
<長さ規制>
野外長さ規制無し、但し約1.3mを超える物は移動時、分割してもちあるくように。

屋内長さ 2m まで。ただし約1.3mを超える物は移動時、分割して下さい。
※中家室内は、天井が低いので約1.3mを超える物の持ち込み禁止。

[中家での注意事項]
・中家は国の「重要文化財」です。老朽化が進んでいますので注意して利用して下さい。
・襖、障子、扉は全て解放されています。襖、障子、扉に触らないで下さい。
・家具や装飾品は触らない、移動させない事。
 
『撮影でのご注意』
●共有スペースでは、通行が優先です。特に一般来場者の通行の妨げにならない様お願いします。
●商用目的(写真・データ販売、広告利用等)販売での撮影は禁止です。同人即売会等で、利益が出ない趣味の範囲での頒布は可能です。
●1つの場所での長時間の撮影は御遠慮願います。他の参加者さんと譲り合って撮影を楽しんで下さい。
 ※長時間撮影になる場合はスタッフから声かけする場合があります。
●進入禁止場所での撮影は禁止。
●屋根やモニュメントに上る、フェンス、ダクト、ベンチに登る等、施設を破損する恐れのある行為、子供が真似をする更行為での撮影を禁止します。
●野外の端では周辺の住宅にカメラを向けないで下さい。 
【動画の撮影について】
●動画撮影希望の方は、当日ラコロールスタッフまで申し出てください。
●他の参加者、一般来場者が写りこまないよう注意して下さい。
 ※場合によってはスタッフが付き添います。